盛れるカラコン

そのカラコン不自然じゃない?盛れるカラコン選びのあれこれ。

私のカラコンデビューは高校生の時。元々目が悪い私は透明のコンタクトを着けていましたが、カラコンが流行り始めてからは度入りのカラコンに切り替えました。(度数が-9.0と相当目が悪い私ですが、探せば意外とあるのです。)

 

デカければいい?

当時はギャルメイクだったので、「とにかく着色直径の大きいもの」にこだわっていました。
今では着色直径17mmなんていうのもあるようですが、14mm台でも十分大きいです。デカければいいってもんじゃありません。
よっぽど整形やなにかで目が大きく白目が多いか、付けまつ毛バサバサの濃いメイクじゃない限り、とっても不自然です。正直コワイです。
個人的には13.5mm前後が自然で、且つしっかりと盛れますよ。

 

フチはある方が盛れる?

盛れるか盛れないかで言ったら、盛れます。しかしこれもメイクによります。ギャルメイクならいいですが、ナチュラルメイクの場合は出来るだけフチなしか、フチがあっても自然にグラデーションになっているものの方が自然に盛れます。
外国人風ハーフ顔を目指す場合は、もちろんフチなし。
時代の流れもあり、今は「どれだけ派手に盛れるか」ではなく「どれだけ自然に盛れるか」を考えた方がいいです。
カラコン選びは一歩間違えると、一気に古臭い印象や幼い印象を与えてしまいます。

 

発色が命

ハーフメイクには特に発色が命。透き通るような明るい発色、素敵ですよね。
でもカラコンって着けてみないとわからない!商品写真と違うこともしばしば・・・。やはり口コミを参考にするべきです。通販で買うときはしっかりレビューをチェックしましょう。

 

安ければいい?

カラコンってお金がかかる・・・
ついつい安いものを選んでしまいますよね。通販で探せば、びっくりするくらい安いものがたくさんあります。
私も高校生の時は1年使えるものを1000円以下で買っていました。汗
韓国製のもので、認可もあって商品も満足いくものでした。しかし、毎日ちゃんと洗浄しているのに目が痛くてコンタクトを着けられなくなるほどに。
眼科に行くと「1年も使えるカラコンなんてないよ。1年って書いてても、2〜3ヶ月が限度」と言われてしまい・・・今では2week派に。

 

目の健康があってカラコンを楽しめるのですから、皆さんも異常を感じたらすぐ眼科に行きましょうね!

 

しかし自分の理想通りの盛れるカラコンを見付けるのには、たくさんの失敗が付き物です。みんな色々な種類のものを試して、ようやく見付けられます。
諦めずにチャレンジしてみて、自分にピッタリのカラコンを見付けて下さいね。

可愛いソファはこちらにあります。ヨギボーの人気通販